6月29日(金) 福島県立医科大学の臨床倫理の授業を担当しました。

毎年お声掛けくださり、医学部4年生の講義に登壇させていただくのですが、今年は昨年に引き続き、学内のどなたでもご参加いただける「公開講座」としての講義でした。おかげで学生さん以外の方もご参加くださいました。

数年後にはドクターになられる学生の皆さんは、個人ワークやディスカッションなど、思った以上に楽しみながら参加してくださったようで、アンケートには嬉しいコメントをたくさんいただきました。(以下一例)

・患者の幸せは何かを考えるようになりました。

・実際の職場での意見や考え、患者さんの声を聞くことができた。貴重な講義だった。

・不妊治療に対する患者の気持ちを考えるようになろうと感じました。

・医師になったときに活かそうと思った。

・何をもってゴールとするかは、患者さんが決めるものだ。

貴重な機会を下さった福島県立医科大学、ならびにお声掛けくださる藤野教授に感謝いたします。

人間科学講座(生命倫理学分野) 教授/藤野美都子先生と、ご参加の皆様と

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。