1月29日(火)日本生命保険相互会社様の東京本部・大阪本店の主に管理職の職員様向けに「妊活と仕事の両立についての知識向上」を目的としたセミナーに講師として登壇しました。  
日本生命保険相互会社様では2016年10月より、重い病気等に加え、出産や特定不妊治療に備える保険「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険“ChouChou!(シュシュ)”」を販売していらっしゃいます。この保険は「少子化課題を対応するとともに、女性を応援していく商品を開発したい」という思いから、様々なハードルを乗り越えてやっと商品化できたそうです。
今回は、昨年Fineが発表した「不妊治療と仕事の両立アンケート」や「不妊白書2018」の評判をお知りいただいて、社内でも両立支援が必要だと感じてくださったとのことでセミナーを企画され、お声がけをいただいたものです。
当日は、丸の内の会場をメインとして、大阪会場もネット中継で結んでの講演、さらに当日は参加できない方向けに後日オンラインでもご覧いただけるという仕組みとなっており、より多くの方に知っていただける機会となりました。さらにマスメディアの方も数名ご参加され、緊張しながらも「妊娠・不妊の基礎知識」「日本における不妊の現状」「不妊治療とは」「不妊当事者の課題」「両立に関する課題と解決策のヒント」などを、皆様も一緒に考えていただくスタイルでお話しさせていただきました。  
会場の皆様は、それぞれ真剣に、またグループワークやシェアタイムの時には笑いも混じりながら、終始熱心にご参加いただき、とても嬉しく思いました。 不妊治療と仕事の両立は本当に難しく、Fineの「仕事と不妊治療の両立に関するアンケート Part 2」(速報:http://j-fine.jp/prs/prs/fineprs_ryoritsu1709.pdf  プレスリリース:http://j-fine.jp/prs/prs/fineprs_ryoritsu2_1710.pdf )でも、5人に1人が両立できずに退職するという結果が出ています。今回、セミナーのご担当部署の皆様は「そうならないために、当事者にはどのようなサポートが必要か、また社内制度でどのようにサポートができるか、を社内全体で考えたいんです」と、事前の打ち合わせの際に思いを語ってくださり、感激しました。
アンケートでも前向きのご意見をいただいたり、その後のオンデマンドのご要望も多いと伺い、やっと肩の荷が下りた思いでホッとしています。
日本で初めての「不妊治療に使える保険“ChouChou!(シュシュ)”」を開発された企業様として、ぜひ今後も当事者のサポートをお考えいただけたらとても嬉しく思います。
今回セミナーの準備にあたっては、ご担当者様にも大変お世話になりました。ありがとうございました。

【講演・講義のご依頼はこちらから】
女性活躍・健康経営のための
「キャリアプランを含めた研修・講演・セミナー」を実施しています。
一度入社した社員がずっと働き続けられるためには、何があればいいか?
女性だけでなく男性も、プライベートのキャリアを考えずして仕事のキャリアは考えられません。
御社の課題に沿ったプログラムを考え、ご提供いたします。
お気軽にお問合せください。
https://tayori.com/form/9235c8b485e25b47740a879aaf9d4eca15c4cbf5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。